低用量ピルが女性の力になる
生理周期と妊娠の関係

生理不順で妊娠の確率は?

生理不順になっている人は、自身の判断で妊娠がしにくくなっていると思いがちです。しかし、それは不妊に関係することが多い反面、妊娠しやすいタイミングがつかみづらい、ということもあるのです。

詳細を確認する

高い避妊効果を持つ低用量ピル

高い避妊率の低用量ピル

普段避妊を意識しておこなっていても、緊急事態が起こる可能性もあります。そんな時にアフターピルが役立ってくれますが、日常的に飲むことでさらに高い確率で避妊できる低用量ピルもあるのです。

詳細を確認する

避妊効果のある2つのピル

避妊の常用ピルと緊急用ピル

避妊できるピルには日常的に使用できるものと、緊急時にだけ使用できるものがあります。それらに含まれるホルモン量の違いや働きの大きな特徴を知って、今後の避妊に役立てましょう。

詳細を確認する

低用量ピルで生理不順改善

生理不順改善を低用量ピルで出来る

私は最近、コンドームでの避妊に失敗してアイピルを飲みました。そして、避妊はできたんですが生理不順になってしまいました。
半ば強制的に、生理を起こす薬だと知っていたので仕方のないことだと理解していますが、生理痛が時々酷くなることも耐えられなかったので低用量ピルを飲むようになりました。

飲み始めは、軽い頭痛があったので少し不安でした。でも、飲み続けているうちにそんな症状も無くなってきたのです。
ちょっと調べてみると、ホルモンバランスが崩れることで生理周期にもバラつきが出てくるとありました。

アイピルの副作用だと直ぐに分かりました。そして、低用量ピルを飲むことで女性ホルモンのエストロゲンやプロゲステロンを周期に合わせたタイミングで体内に吸収されるので、ホルモンバランスが整うんだと知りました。

低用量ピルを飲み始めた時の崩れているホルモンバランスが、整ったホルモンバランスになろうとする際に、頭痛や吐き気の副作用が起こりやすいことも知ることが出来ました。

毎日決まった時間に飲む必要があるので、スマートフォンのアラーム機能を使って飲み忘れの無いように気をつけています。
過去に2度ほど飲み忘れたこともありましたが、翌朝にはすぐ気付くことができたので気付いた時に服用して、その日のいつもの時間にも飲むという対処で問題はありませんでした。

そして、低用量ピルを飲み始めるまで酷かった不順もしっかりコントロールできるし、時々酷かった生理痛も今はあまり無く過ごせるので、だいぶ楽になりました。それに、低用量ピルを飲むことで避妊効果もあるようなので、前ほど避妊失敗を怖がらずに彼との2人の時間を楽しむことが出来ています。